'."\n";?> アルコール依存症の症状と治療方法

アルコール依存症



完全なアルコール依存症になる前に…

「自分はもしかしてアルコール依存症なのでは…!?」

そう思われてアルコール依存症について調べられているあなたは、完全な依存症になっている訳ではありません。

このままではダメだ!そう思う気持ちがあるからこそ今の状態に危機感をもっている訳ですから、勇気を持って今の状態から抜けだしましょう!

このサイトではアルコール依存症の特徴から主な症状、様々な治療法を解説しています。まずはあなたの現状をしっかりと把握してみて下さい。

> 依存症になったきっかけがあれば、治るきっかけも必ずある

アルコール依存症とは?

アルコール依存症とは、どんな症状なのでしょうか。アルコール依存症は、薬物依存の一種です。

薬物依存とは、特定の薬物を摂取することでさまざまな問題が生じることが分かっているのにもかかわらず、その薬物を摂取することを止められなくなる性質のことです。

アルコール依存症もほかの薬物依存と同じように、「脳の病気」であり、「行動の病」なのです。

アルコール依存症の特徴は、耐性、飲酒行動の異常、離脱症状などです。こうした薬物依存の症状は、脳に行動の記憶として刻印され、完治することがありません。

長期にわたって断酒や断薬をしても、少しでもアルコールや薬物を再度摂取してしまうと症状が元に戻ってしまいます。ほかの慢性疾患と同じように、非常に再発しやすい病気なのです。

ここでは、アルコール依存症の仕組みや原因を見ていくとともに、アルコール依存症の家族にはどんな対処や関わり方が有効かを学んでいきましょう。

スポンサードリンク